10月19日(水)十日町のお米の日
  
  
 毎月10日は十日町のお米の日として、学校給食では十日町のお米をみんなで食べています。生徒たちもいつものお米との違いに気づいたようで、いつもよりもおかわりをして、残さず食べている生徒がほとんどでした。今日の給食の献立は、十日町ご飯、タレカツ、キャベツソテー、のっぺい汁、牛乳でした。

<和光市と十日町について紹介します>
 新潟県十日町市とそのまわりは「魚沼地方」とよばれていて、この魚沼地方で作られるコシヒカリは、「魚沼コシヒカリ」として有名ですね。その十日町市と和光市は、以前からスポーツや歴史講座などを通じて交流を行ってきました。
 和光市では、市内小・中学校の児童生徒に米の産地である十日町市を広くPRするため、月に1回、給食で十日町産魚沼コシヒカリを使用しています。また、平成16年(2004年)8月27日、「災害時における相互応援協定」を結び、平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震により被害を受けた十日町市への災害支援を実施しました。

 現在、交流事業として、  (一財)十日町地域地場産業振興センター首都圏営業所 TOWAKO 「トワコ」 が、平成28年7月23日にオープンされ、精米したての「十日町産魚沼コシヒカリ」の注文販売を行っています。イベント等で十日町市の農畜産物・加工品の販売も行っています。詳細はホームページ(http://towako1005.com)をご覧ください。


10月19日(水)2学年 合唱リハーサル
   
実際に舞台に上がったり、下がったりするにあたり、並び順や通り道の確認をしました。
合唱の仕上がりも徐々に上達しています。


10月19日(水)委員会活動
  
放課後には、委員会活動がありました。後期の委員長や副委員長など委員会組織や活動方針を決めていました。