文字サイズ

和光市立第二中学校いじめ防止基本方針

和光市立第二中学校いじめ防止基本方針

平成28年 4月 1日策定

1 和光市立第二中学校いじめ防止基本方針の策定

(1) いじめの定義

       いじめの定義については、平成18年度以降の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」においては、個々の行為が「いじめ」に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場に立って行うものとして、「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」と定義され、なお、起こった場所は学校の内外を問わないとされている。 

 

(2)いじめに対する本校の基本認識

この定義のもと、本校では全ての教職員が「いじめは、どの学校・学級を問わず起こりうるものであり、いじめ問題に全く無関係でいられる生徒はいない。」という基本認識に立ち、全校の生徒が「いじめのない明るく楽しい学校生活」を送ることができることを目指して、いじめ防止のための基本姿勢並びに取組を明示して「いじめ防止基本方針」を策定した。                               
・ 学校・学級に「いじめを許さない、見過ごさない雰囲気づくり」を醸成する。                 
・ 生徒一人ひとりの自己有用感・肯定感を高め自尊感情を育む教育活動を推進する。          ・いじめの早期発見のために、日常的な状況把握はもとよりあらゆる手法を講じる。           ・いじめの早期解決のために、当該生徒の安全の保障を第一義とし、学校内だけでなく各種団体や専門家との協力により解決にあたる。・

・ いじめ問題の事後指導においては、学校と家庭が連携・協力して、具体的な再発防止策を講じる。

 

2 いじめの未然防止のための取組

学校は生徒にとって、「居がい、学びがい、やりがいのある場」でなければならない。そのためには一人ひとりが認められ、お互いに相手を思いやる雰囲気を醸成できるよう学校全体で取り組む必要がある。また、教師一人ひとりが授業力を高め「分かりやすい授業」を心がけ、生徒に基礎・基本の定着を図り、学習に対する達成感・成就感を育てるとともに、自己有用感を味わわせ自尊感情を育むことができるように努める。

道徳の時間においては、発達段階に即して「命の大切さ」について系統的な指導ができるようにする。また、生徒に「いじめは人権侵害であり、絶対に許されない。」という認識を持たせることが重要であり、教育活動全体を通して指導する。さらに、いじめについて「見て見ぬふりをすること。知らん顔をすること。」などの傍観者的な対応は、いじめに加担していることと同じであることをしっかりと捉えさせる。

(1)いじめを許さない、見過ごさない雰囲気づくりに努める。

・ 生徒会活動

みんなが笑顔で楽しく生活が送れる学校にするために、各委員会等とも連携し、様々な強化週間(月間)を設定し、より良い学校づくりを行うとともに、いじめゼロを目指した生徒会活動を推進する。

・ あいさつの日

毎週水曜日を「あいさつの日」とする。生活委員会を中心として朝の登校時にあいさつ運動を行うとともに、「明るい笑顔と元気なあいさつ」ができるよう呼びかけをする。友だちとの関わりを豊かにし、思いやりや感謝の心をもって、周囲に応えようとする心情を高める。

・ 道徳活動の日

毎月1週目を自己肯定感を育てる日(道徳の日)として位置づけ、心のノートや道徳ノートを活用して心と心の連携を図る。

 

(2)生徒一人ひとりの自己有用感を高め,自尊感情を育む教育活動を推進する。

○  一人ひとりが活躍できる学習活動

「健康な心や体つくりなどの基本的な生活習慣の定着は、学習を支える生活基盤となるものである。」という立場に立ち、以下の教育活動を推進する。

・生徒会活動でのクラスマッチや異学年交流の充実

・生徒の自発的な活動を支える委員会活動の充実

・生徒が主体的に取り組める学習活動や自主学習プリントの工夫

・クラスごとのボランティア活動の実施

○  人との関わり方を身に付けるためのトレーニング活動

朝の会や帰りの会、学級活動でソーシャルスキルトレーニングを行い、自分と他人では思いや考えが違うことに気付かせる。そして、そんな中に認められる自分が存在することを感じさせることで,自尊感情を育み明るく楽しい学校生活を送ることができようにする。

○ 安心して自分を表現できる年間カリキュラムの作成

年間カリキュラムにおける活用する力の項目や内容を明確にし、見通しを持って学習に取り組める発問や指導方法を工夫する。

○ 人とつながる喜びを味わう体験活動

友達と分かり合える楽しさやうれしさを実感できる確かな力の育成と相互交流の工夫を行うことでコミュニケーション力を育成する。また、学校行事や生徒会活動、総合的な学習の時間や生活科における道徳性育成に資する体験活動の推進を行う。

 

3 いじめの早期発見・早期解決に向けての取組

(1)いじめの早期発見のために、様々な手段を講じる。

・ 「いじめはどの学校でも、どの生徒にも起こりうるものである。」という基本認識に立ち、全ての教員が生徒の様子を見守り日常的な観察を丁寧に行うことにより、生徒の小さな変化を見逃さない鋭い感覚を身に付けていく。

・  おかしいと感じた生徒がいる場合には学年の教師や生徒指導部会等の場において気付いたことを共有し、より大勢の目で当該生徒を見守る。  

・  様子に変化が見られる場合には、教師が積極的に働きかけを行い生徒に安心感を持たせるとともに問題の有無を確かめ、解決すべき問題がある場合には、「さわやか相談室」や「教育相談活動」で当該生徒から悩み等を聞き、問題の早期解決を図る。

・ 年3回の「悩みの調査」により生徒の悩みや人間関係を把握しいじめゼロの学校づくりを目指す。

・ 「面談アンケート」を保護者に記入してもらうことで、生徒が抱えていることや家庭や学校外での様子を把握し、生徒理解をより深める。

 

(2)いじめの早期解決のために、全職員が一致団結して問題の解決にあたる。

・ いじめ問題を発見したときには、学級担任だけで抱え込むことなく、学校長以下全ての教員が対応を協議し、的確な役割分担をしていじめ問題の解決にあたる。  

・ 情報収集を綿密に行い、事実確認をした上でいじめられている生徒の身の安全を最優先に考え、いじめている側の生徒に対しては毅然とした態度で指導にあたる。

・ 傍観者の立場にいる生徒たちにもいじめているのと同様であるということを指導する。

    ・ 学校内だけでなく各種団体や専門家と協力をして解決にあたる。

・ いじめられている生徒の心の傷を癒すために、スクールカウンセラー・さわやか相談員・教育相談員や養護教諭と連携を取りながら指導を行っていく。

 

(3)家庭や地域、関係機関と連携した取組を推進する。

・ いじめ問題が起きたときには家庭との連携をいつも以上に密にし、学校側の取組についての情報を伝えるとともに、家庭での様子や友達関係についての情報を集めて指導に生かすこととする。決して学校内だけで問題解決をするようなことはしない。

・ 学校や家庭にはなかなか話すことができないような状況であれば、「和光市教育支援センター電話相談」等のいじめ問題などの相談窓口の利用を促す。

 

4 いじめ問題に取り組むための校内組織

(1)学校内の組織  

・ 「生徒指導部会」

週1回生徒指導部会で問題傾向を有する生徒について、現状や指導についての情報の交換及び共通行動についての話し合いを行う。

・ 「いじめ防止対策委員会」

いじめ防止に関する措置を実効的に行うため、管理職、生徒指導主任、教育相談主任、特別支援教育コーディネーター、養護教諭、当該学級担任、さわやか相談員、教育相談員、スクールカウンセラーによるいじめ防止対策委員会を設置する。必要に応じて委員会を開催する。

(2)家庭や地域,関係機関と連携した組織

緊急な生徒指導上の問題が発生した場合は、その場の適切な処置をとるとともに教頭に報告する。また、状況によっては緊急生徒指導委員会を開催し敏速な対応を行う。教頭は、校長に報告し、校長の指示により敏速に支援体制をつくり対処する。緊急を要する問題行動が発生したときに、以下のメンバーによる緊急生徒指導委員会を開催する。

【緊急生徒指導委員会メンバー】

           校長、教頭、教務主任、生徒指導主任、学年主任、PTA会長、朝霞警察署署員、

           主任児童委員、学校評議員、校区内自治会会長、市教委

更新日:2016年10月26日 10:39:20